NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会

活動に参加する


第22回 東京読書会(第二期)

開催日: 2017年7月28日(金)
時 間: 19:00~21:00
会 場: レアリゼアカデミー
住 所: 東京都港区三田1丁目2番22号 東洋ビル6F
最寄駅: 東京メトロ南北線「麻布十番駅」3番出口より徒歩約5分
     都営大江戸線「麻布十番駅」6番出口より徒歩約6分
     都営大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口より徒歩約6分
     ★地図を表示する

ロバート・K・グリーンリーフの「サーバントリーダーシップ」
(金井壽宏監訳、金井由美子訳。2008年、英治出版)の読書会です。
毎回10ページから20ページを参加者で会読して、各自の感想や意見を自由に交換しています。
グリーンリーフの「サーバントリーダーシップ」をじっくり読んでみたい方、購入したけれど「積ん読」のままになってしまっている方、リーダーシップの神髄を他の人と議論してみたい方、ふるってご参加下さい。
途中からの参加でも全く問題ありません(多くの方が途中からの参加です)。

第22回では、前回に続き「教会におけるサーバント・リーダーシップ」を会読します。

【範囲】
373ページ 「奉仕のための組織編成」から
398ページ 「中心的な存在になるのではなかろうか。」(最終行)まで

参加される方は本書を入手して、上記範囲に目を通してきて下さい。
⇒アマゾンのサイトへ
⇒電子書籍はこちら

参加費用(税込)
◆一般   2,000円 
◆賛助会員 1,000円

第22回 東京読書会(第二期) お申込みフォーム
必須お名前
必須フリガナ 例:ヤマダ ハナコ
全角カナにて姓と名の間にスペースを挿入して下さい。
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
会社名
部署
役職
電話
お問い合わせ

第10回実践リーダー研究会(2017年9月27日)

実践リーダー研究会は、リーダーとして現場でどのようにリーダーシップを発揮したら良いかを、サーバントリーダーシップの観点で議論する実践的な研究の場です。

今回のゲストは、グリーフケアによるコミュニティ支援を行う
上智大学グリーフケア研究所の入江杏 氏です。

グリーフケアとは、さまざまな「喪失」を体験した方々に、心を寄せて、寄り添い、ありのままに受け入れて、その方々が立ち直り、自立し、成長し、そして希望を持つことができるように支援することです。
入江氏はご自身も世田谷一家殺人事件により実の妹家族を失うというご経験をされました。
 現在は、グリーフケアに取り組み学校・企業などで講演などを行うと共に自殺、難病など様々な現場の問題に取り組み、当事者の声を社会に繋げる活動をされています。

サーバント・リーダーの属性である『癒し』『傾聴』『共感』そして『コミュニティづくり』をグリーフケアを通じて実践されている入江氏の活動やご自身の経験をお話し頂きます。

【プロフィール】
入江 杏(いりえ あん)
上智大学グリーフケア研究所 非常勤講師
世田谷区グリーフサポート 検討委員  
「ミシュカの森」主催
 国際基督教大学卒業。英国の大学で教鞭を執るなど長年にわたり海外生活を経験。帰国後、2000年に「世田谷一家殺人事件」に遭遇し妹一家四人を失う。
 現在は、グリーフケアによるコミュニティ支援などを行っている。

【開催概要】
日  時: 2017年9月27日(水)19:00 ~ 21:30
場  所: レアリゼアカデミー 
      東京都港区三田1-2-22 東洋ビル6F
<アクセス>
東京メトロ南北線 「麻布十番駅」3番出口より 徒歩約5分
都営大江戸線「麻布十番駅」6番出口より 徒歩約6分
都営大江戸線「赤羽橋駅」赤羽橋口より 徒歩約6分
             ★地図を表示する
進  行: (前半)ゲスト講演&質疑応答 (後半)参加者全員でダイアログ
※終了後、有志にて懇親会を開催します。
定  員: 30名 (定員になり次第締め切らせて頂きます)

参加費用(税込)
◆一般   2,000円 
◆賛助会員 1,000円

■懇親会
講座終了後、有志にて懇親会を開催いたします。
会場:講座会場の付近の大衆居酒屋など(リーズナブルなお店を想定)
時間:一時間強を予定
お申し込みの際に、「お問い合わせ」欄に出欠をご連絡ください。(事前申込制)

第10回実践リーダー研究会(2017年9月27日) お申込みフォーム
必須お名前
必須フリガナ 例:ヤマダ ハナコ
全角カナにて姓と名の間にスペースを挿入して下さい。
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
会社名
部署
役職
電話
お問い合わせ